• ホーム
  • データ分析とデータのサイト改善への活かし方

データ分析とデータのサイト改善への活かし方

SEOをする時には、ただコンテンツ量を増やして被リンク数や順位を上げるだけでなく、自分の行ったSEOに効果があったかどうかをチェックする事が大切です。その際、SEOを行う前と後のユーザー数や動向を比較して確かめてみる事が有効になってきます。このようなやり方は一般的に仮説検証とも呼ばれています。

ユーザー数が増えている場合には、そのSEOは成功したと言えるでしょう。また、ユーザー数が減っていたり、数自体には変化がなくてもその動向が変わっている場合には、それに合わせて新たなSEO対策を取る必要があります。すなわち、仮説検証をする事で今後のSEOの方向性を決めていく事が出来る訳です。

こうした細かな指標を調べるには専用のデーター解析ツールを使う必要があります。そのようなツールの一つがGoogleの用意しているGAです。GAは正式名称をGoogleアナリティクスと言い、検索順位や被リンク数を調べられるサーチコンソールと共にSEO面で大変役に立つツールです。

サーチコンソールとの大きな違いとしては、より細かなデーター解析を行うために、サイトのソースにIDを埋め込んで使う必要があるという点になります。導入するには多少手間がかかるのですが、サイトの訪問者の性別や年齢、住んでいる地域といった情報まで確認する事が可能です。

想定していたのとは違うユーザーが流入していれば、それに合わせてサイトの内容を変えていくか、適切なユーザーを呼び込むための改善が必要になってきます。この場合、単にコンテンツ量を増やすよりも、タイトルを変えたり記事をリライトするといった点がポイントになります。想定しているユーザーがチェックしそうなキーワードの数を増やす等していくと良いでしょう。

もう一つポイントになって来るのが、GAの用意している直帰率やページビュー数といった指標です。直帰率というのは最初のページだけを見てユーザーがすぐに帰ってしまった割合の事で、他のコンテンツには興味を持たれなかったという事になります。また、ページビュー数が多いほど、そのサイトはユーザーに興味を持たれている事になります。

コンテンツの内容を改善する際には、マーケティングのセオリーである認知的不協和という方法が利用出来ます。認知的不協和というのは、一見正しそうに見える事が実は正しくなかったり、一見間違っているように見える事が実は正しかったりする事を言います。記事内容にこうした手法を取り入れていく事で、ユーザーの興味を引きやすくなります。

また、タイトルを変える際はユーザーの確証バイアスを利用するという方法があります。確証バイアスとは、一般的に言って人間は自分が正しいと思っている情報だけを集めようとする傾向の事を言います。記事を読んだユーザーの確証バイアスが満たされれば、そのサイトの信頼性は上がっていくでしょう。