• ホーム
  • バックリンクを確認するにはサーチコンソールを使う

バックリンクを確認するにはサーチコンソールを使う

サイトのURL

自然なバックリンクを増やす事がSEO面で良いという事はお分かりいただけたと思います。ですが、すでに受けてしまっている場合にはどうすれば良いのでしょうか。例えば、サイトの運用歴が長い場合や中古ドメインを購入した場合には、多くのバックリンクが張られている事もあります。

この場合、すでに被リンクを受けているサイトでも、不必要な物については調査して否認する事が可能です。このように、自サイトに張られているバックリンクを調査して、不自然な物に関しては整理して除外してしまうと良いでしょう。

バックリンクの確認の仕方にはいくつかの方法がありますが、主にサイトのリンク状態を調査するためのツールを使う事が多いです。そうしたツールの一つは、Googleのサーチコンソールにも用意されています。サーチコンソールはGoogleのアカウントさえ持っていれば誰でも登録する事が出来るので、まずはGoogleのアカウントを取得しましょう。また、ドメインごとに異なるアカウントを設定する事も出来ます。

サーチコンソールにログインしたら、まずは”検索トラフィック”というメニューを選びましょう。このメニューの中にある”サイトへのリンク”というページを見る事で、自サイトへの被リンクがどんな状態になっているのかを確認する事が出来ます。また、複数のウェブサイトを所持している場合には、それぞれのアカウントごとにログインすれば、全てのサイトについてリンク状態をチェックする事が可能です。

このツールの便利なところは、サイト評価に関係のあるバックリンクのリストをエクスポートしてダウンロード出来るという点です。そのやり方としては、まず”リンク数の最も多いリンク元”の項目にある”詳細”をクリックして下さい。次に、”その他のサンプルリンクの一覧をダウンロードする”という項目をクリックする事で、自サイトへのバックリンクの一覧をCSV形式でエクスポートする事が出来ます。

これらのバックリンクが不自然な物であるかどうかは、実際にサイトを訪れてみる事で確認出来ます。すでに運用が停止されているサイトであれば、インターネットアーカイブ等を利用してチェックすると良いでしょう。

リンク切れが起きている場合や、全く無関係なバックリンクについては、Googleのバックリンク否認ツールを利用して取り除いていきます。こちらもサーチコンソールの中にある”リンクの否認”というページから、除外したサイトの一覧をテキストファイルで送信すれば完了となります。