• ホーム
  • 読まれる記事タイトルでコンバージョンアップ!

読まれる記事タイトルでコンバージョンアップ!

SEO対策をする場合、EAT基準に従う事によって検索結果に反映させる事が大切なのですが、それよりも重要になって来るのが生身のユーザーに情報をアピールするという点です。サイトのコンバージョンアップ率を高めるためには、検索エンジンではなくユーザー自身に共感・興味を持ってもらわなくてはいけません。

この時にポイントとなって来るのがサイトのタイトルや記事タイトルです。HTMLの文法では、タイトル名はtitle要素の中に記述します。このtitle要素はtitleタグとも呼ばれていますが、記事ごとに決める事も可能です。この事をご存じの人も多いでしょう。検索結果の画面では、ここに書かれているフレーズがまず太文字で表示されるため、タイトル名がいかに重要であるかがお分かりいただけると思います。

ではサイトのタイトルや記事タイトルはどんな風に決めるのがベストでしょうか。検索エンジンでは多くのサイトが競合上位に上がって来ますから、似たような内容を扱っているサイトであればどうしてもその中に埋もれがちになってしまいます。クリック率やシェア数を伸ばすためには、他は異なる独自のタイトルを考えて行く必要がある訳です。

検索エンジンを一種の広告メディアだと考えた場合、記事タイトルはキャッチコピーとしての役割も果たす事になります。とくに期間限定のコンテンツ等であればなおさらの事です。Googleは検索エンジンをビジネスに活用する事をむしろ推奨していますから、タイトル名をキャッチコピーや宣伝文句にしてしまってもSEO上何ら問題はありません。

競合上位との差別化を図る際は、記事タイトルやサイトタイトルに適切なキーワードを埋め込む事が大切です。一般的に言って、ユーザーは1個から2、3個のキーワードを使って検索をかける事が多いのですが、一つのキーワードにはそれと関連性の高い関連キーワードという物があります。

自分が求めていた情報はこれだ、という事が分かるようにキーワードをタイトル名に埋め込んでいけば、ユーザーはそのページを読んでみたいと思うようになります。関連キーワードはGoogleの用意しているキーワードツールを使って調べる事が出来ますから、複数のキーワードを効果的に記事タイトルの中に入れていくと良いでしょう。

しかし、タイトルを決める際には一つ注意点もあります。それは、title要素に書かれているフレーズの内、検索画面に表示される文字数は限られているという点です。Googleでは、検索画面のタイトルとして表示される文字数の上限は全角で30文字までとなっています。シェア数やクリック率を上げたい場合には、記事タイトルやサイトタイトルがこの文字数の範囲内に収まるように簡明な記述を心がけるようにしてください。