• ホーム
  • SEO効果から見た内部リンクの構成

SEO効果から見た内部リンクの構成

パソコンを見ている女性

SEO対策ではもう一つ、サイトの内部構造を整理するという事も評価を高めるポイントになります。内部構造と聞いてもよく分からない人も多いかも知れませんが、これはサイト内のリンク、つまり内部リンクをきちんと整理しておくという事に他なりません。内部リンクがしっかりと整理されていれば、SEO上の内部対策が適切に行われていると言えます。

では、内部リンクはどのように調整して行くのがベストでしょうか。簡単なやり方としては、分かりやすいインデックスページやサイトマップを作るという方法があります。ユーザーに見やすいサイトは検索エンジンのクローラーも巡回しやすく、サイト内にあるページの履歴が検索エンジンのデータに残りやすくなります。

しかし、それだけでは検索エンジンに対して最適化出来たと言う事は出来ません。よりサイト評価を高めるためには、検索エンジンのアルゴリズムに対して最適化する事が必要になって来ます。このやり方としては、XMLサイトマップを作成してサーバーにアップロードしておくという方法があります。

XMLサイトマップとは検索エンジン専用のサイトマップのような物で、クローラーに巡回してほしい重要なページを記載したリストの事です。検索エンジンのクローラーはここに書かれているページを優先的に巡回するため、重要なページだけを検索結果に反映させて、あまり重要ではないページを評価対象に含めないようにする事が出来ます。

ウェブサイトが大きくなってくると、サイト内にはいくつものコンテンツが置かれるようになり、それぞれの記事の相対的重要度は異なってきます。簡単なまとめページのような物もあれば、より詳しい内容が書かれている記事もあります。この時、相対的重要度の低いページを検索エンジンにクロールさせると、サイト全体の評価も低くなってしまう訳です。ですから、XMLサイトマップにはクローラーに巡回してほしいページを抜け漏れなく記述するようにしましょう。

また、最近ではパンくずリストを使ったウェブサイトの構造化もSEO上重要な要素になっています。ショッピングサイト等では今自分がどのページを見ているのかという情報が画面上部に書かれている事が多いですが、これがパンくずリストです。このパンくずリストが抜け漏れなく整備されていると、クローラーはサイト内の構造をつかみやすくなり、検索エンジンの評価も高くなります。

内部対策を行うに当たっては、不必要なリンクはなるべく作らない事が大切です。場合によっては、こうした不必要なリンクが重複コンテンツとみなされてしまう事もあります。ただし、サイドバーやフッターに書かれているリンクはSEOには影響しません。クローラーに巡回してほしいページはXMLサイトマップに整理し、ユーザーにだけ見てほしいページに関してはサイドバーやフッターに書いておくという事も可能です。